「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨を売買の注文をして利幅を上げる取引です。http://webmania.to

トレードの値段は四六時中動いています。

これがレートです。

テレビのニュースをみていると、外貨の為替レートの情報が流れる場面があります。

よく見るのが「現在のドルは80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で売買されているという意味ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを示しています。

つまり、トレードには買いと売りの両方の価格が存在する事を示しています。

売値、買値ではなく、BID、ASKと示している業者もあります。

普段は買値よりも売値が小さくなるものです。

投資家が買値は高く、売値は安くなるのが一般的です。

その差額をスプレッドといい会社の利益となっています。

スプレッドの狭さはFX取引会社によって異なります。

スプレッドの差はみなさんにとって経費になるので、小さいFX業者を選択するほうが得です。

ただし、同じFX業者でも場面に応じてスプレッド幅は広くなったり狭くなったりします。

例として円とドルの通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの狭さとは言ってもマーケットの上げ下げがかなり大きい場合には3銭、4銭になったりするのです。

なので、スプレッドの幅が狭いのと固定しているのが不可欠です。

決まったスプレッド幅を表示する取引会社も多数あります。

実際に取引会社の取引画面上で市場をチェックしなければ区別できないので手間がかかりますが重要な事です。

貴重な投資資金を投入して売買をするわけですから、本当の売買の前に、魅力的に思えた会社の口座開設を試して示されているスプレッドの差を確かめましょう。

同じ通貨のペアでも為替の状態によって外貨のスプレッドの狭さは変わります。

一般的には、インターバンク相場で取引高が多い通貨ペアではスプレッドが狭く残りの外貨では広がるのが普通です。