クルマを所有するあなたはご存知だとは思いますが、自動車税が課税されます。それで自動車税は、手放す愛車買取時に当然のように戻ってくる税金なのです。これについては実際に実行してみると直ぐに頭に入ってきますがでは一つずつ流れを紹介していきます。事前に説明をするとすれば、国産販売されている車のみが対象ではなくアメ車等も税金が返還される範囲に決まっています。もちろんクルマについてもそうですね。自動車税というのは車を所有している人が払わなければいけない税金で、これは車の排気量によって決定されます。1リッターより低いのであれば29500円、1リッターより上で1.5リッター以下までだと34500円になります。これからは500ccずつ5000円が乗ってきます。それからこの税は4月1日時点の所有者が以後一年分のお金を納める義務となっています。つまり前払いになるということですので当然クルマを売ってしまって、所有者でなくなった際にはその分の金額は返還されるということです。税は先払いで以後一年分のお金を納付しますから、年度内に車を手放した場合には、入れ替わったオーナーがこの税を納めなければいけないということです。売却先が買取専門業者であれば、引き取り時に所有者が払いすぎた税額を返金してもらえます。要は、所有者でなくなった時以後の税金は新たな所有者が払わなければなりません。あなたが10月のうちに愛車を買い取ってもらった際は、11月以降次の年の3月中までの払った税金は還付されます。というのも、繰り返しになりますが自動車税は一年分を先に支払っているということからもわかります。ということは、売却者は売却先に税を返還してもらうということです。個人的に車を売却する際に意外とこのような大切な知識に気づかない人が多くいるのでしっかり確かめるようにしましょう。自動車税が車の売却で返ってくるということを意外に知っている人が少ない事を利用してその事実を説明しない悪質業者もあります。こちら側から税金についての話をしなければ全く自動車税のことには触れないという場面も頻繁に聞かれます。ですので車の買い取りをお願いするさいには自動車税が戻ってくるか否かの確認を忘れないようにしましょう。